ニキビ跡を治す方法

白くぽつっとしたニキビや赤く炎症を起こしたニキビは、早目のケアが大切です。もしかして、ニキビが治ってきたら安心してニキビケア化粧品を使うのを止めていませんか?
それでは、見た目のニキビは改善されていてもニキビ跡が肌に残ってしまい、やがてそれが色素沈着を起こしてシミになってしまうので要注意です。
ニキビを完全に治すには、ニキビ跡も目立たなくしてくれる美肌成分配合の化粧品を使う事が肝心なのです。

 

では、そのニキビ跡も目立たなくしてくれる美肌成分とは、一体何でしょうか?答えは、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、肌に浸透しやすく吸収された後はビタミンCへと変化する優れものです。
美肌効果があると世間で言われているのはビタミンCですが、酸化しやすいので肌への吸収も難しい成分なんです。でも、ビタミンC誘導体なら効率よく肌へビタミンCを浸透してくれる形になるので、
ニキビ跡やシミ予防には効果的なんです。

 

ニキビ跡やシミに効果的なビタミンC誘導体ですが、選ぶ時には注意が必要です。なぜなら、ビタミンC誘導体配合と書かれている化粧品でも、実は濃度が1%前後のものもあり、あまり効果が期待できないものもあります。どうせ同じような金額をせめて濃度は5%以上のものを選び、その効果を実感して下さい。あくまで選ぶ目安は濃度重視です!価格や口コミ等に惑わされないで、濃度で選んで下さい。

 

また、今使っている化粧品はお気に入りだから、それを替えるのはちょっと...なんて人には、ニキビケア商品の部分使いをおススメします。化粧品会社によってはどの商品にもビタミンC誘導体が配合されている場合もありますが、ラインで使わない場合には、化粧水と美容液だけでもビタミンC誘導体が配合されたものを使うとそれだけでもニキビ跡には効果があります。

 

なぜなら、潤いや美肌成分がたっぷり配合されている化粧水と美容液はよりニキビ跡を治すのに効果的な化粧品だからです。また、今使っている化粧品にプラスαするなら、ビタミンC誘導体配合の美容液をおススメします。化粧水は肌へ浸透する前に蒸発してしまう可能性があります。なので、肌奥へしっかりビタミンC誘導体を届けてくれる美容液をおススメします。"

更新履歴